自分のお金を使わないで13,000円のワイシャツを買っちゃう方法♫

テーマを書いていて、なんだそりゃ!?と自分でも少し思ってしまいました。w

どうもこんにちは、じょーです♫

一応、この記事は前編がございまして、『ワイシャツの襟元の黄ばみを落とす方法』の続編です。

内容的には少々違いますが、友人の結婚式の二次会にご招待をいただき、着ていく服をどうするか、という話が主軸です♫

 

いや〜、すごく困っちゃいましたよ。

この時期(7月中旬)は暑いので何を着るべきか非常に悩まされました。

わたくしの専属コーディネーターにいろいろご意見をいただいた結果、披露宴などでよく使うワイシャツが黄ばんでしまっていたので、洗ったのに使わないパターンになりまして、近場の丸井に行くことにしたのです。

トホホ。。。

結果的なことを書いておくと、ラフめなワイシャツを買いましたw

さ〜っとフロアを回ってキクチタケオさんところでポロシャツを見ていたところで初の店員さんに声をかけられ、あれこれやり取りが面倒くさくなった僕は

『今のズボンと靴の状態で、結婚式の二次会に少しラフだけどまぁちょっときれいめ系になって問題なかろう、というような上を探してます!』と。w

店員さんちょっと?だいぶ?悩んだ末、幾つか出してくださって、とりあえず試着しつつ、うちのコーディネーターに携帯で写真を送りながら相談し、即決。

ここまで、おそらく15分くらい。

買いに行くのも二次会スタートの2時間前くらいで、あんまし時間的余裕もなかったものでしてな。

はい。おいくら?

普段着に使う用のラフめなワイシャツ13000円なり。w

まぁ、しかしながらわたしこれに関しては自分のお金を使っていません。あと、見る人が見ればそんな額は当たり前だろ、と言われてしまうかもしれません。w

そもそもあんまし服って興味ない人間なので、いつもこんな感じで自分のお金ではあまり服は買いません。。。

お金出すときは安いやつ買う。w

 

どうやって服をもらってる(買ってる)かって、カードのポイントです。(な〜んだ、って思われたかな。w)

ちなみに、ポイントは会計時にいくら分あるか聞いたんですが、36000円分あります。って店員さんにすごく小さい声で言われた。w

そんな人ほとんど見ないようでだいぶ驚いてました。w

ポイントの還元率とかはよくありそうなカードと大して変わりませんけどね。0.5%です。

1万円使えば50円貯まるですよね。

10万円使えば500円でしょ。100万円使えば5000円。w

これを自分のお金で使おうと思えばなかなか大変な額ではございますが、別に自分で使っているお金で溜まっているわけでもない。。。

人に払ってもらっています。

 

意味不明な人もいるかもですね。

実は物を売ることを少しやっているのですが、仕入れをカードにしています。

そうすると、大層な額というわけではないですが、カードで仕入れた分のお金は物を売ったお金で支払いできますので、別に自分でお金を使わずともカードのポイントが少しずつ貯まります

そんな感じなので、今回のワイシャツも買ったという感覚よりもらったという感覚なわけです。

起業家さんの話で聞いたことがあるとすれば、毎月50万円くらいの広告費をカードで支払っていたそうです。

これもまた似たような状況ですよね。ビジネスで利益が出るものなのでカードを自分のお金で回しているわけではない、みたいな。

そんな感じでカードのポイントを貯めるという方法があります。

 

ついでに、どうでもいい話なんですが、ボクの使っているカードにはプライオリティーパスというカードが付帯するものだったりします。

これは、海外旅行に行く際に非常に便利で、ビジネスラウンジなんかを無料で使うことができたりするカードです。

なので、海外旅行に行くときはラウンジに入ってタダ酒をたんまり頂いてから搭乗したりします♫(全世界400だか500箇所の空港にそういうラウンジを設けています。)

このプライオリティパスは一番簡単に手に入るところとすると、楽天のプレミアムカードを使っていると手に入ります。

それ以外はかなり敷居の高いカードにしか付帯していません。。。そんな感じのカードです、プライオリティパス。

年一回程度の旅行でも結構使えると思いますので、ひじょーにオススメです♫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>