八ヶ岳の麓、清里のグラタン屋さん『アミ』が期待を裏切らない件

八ヶ岳の麓、清里には何度も足を運んだことはありますが、基本的にペンションに泊まっていることが多かったりで、食事付きのため夕飯を外食というのが皆無だったんです。気にはなっていてもなかなかお邪魔する機会がなかったグラタン屋さん(正確には洋食屋さんなのかな?)の『アミ』さんに今回はお邪魔してみました♫

八ヶ岳の麓、清里のグラタン専門店『アミ』の入り口

もうホントに入り口からグラタン専門店でした。

清里の駅からかなり近く(清里駅って使ったことがありませんがw)、駅近くなだけあり、建物が密集しがちなのであまり駐車場もなさそうな雰囲気さえあったのですが、着いてみるとあるある。駐車場♫

8〜10台分くらいはあったと記憶しています。

ちなみに、車のナビに任せて行ったらどこで曲がるのよ!?えっ!?過ぎちゃった〜ってなりましたので、結構気をつけた方がいいかもです。笑

141号線を南下して通り過ぎてしまって、清里の交差点から右に曲がり直してまたお店に近づくも清里駅を超えてしまって、やっぱり通りすぎてしまいw

ちょっとUターンさせてもらって、やっとのことで到着って感じでした。

初めて行く方は道の予習しておくといいかも?(あんな目に合うのは私だけかもw)

グラタン専門店アミ

住所:山梨県北杜市高根町清里3545

 

 駐車場にはだいぶ車が停まっていて、これはだいぶ待つかも?と思いつつ店内へ入りました。

店内に入ると1階にはなにもなくて(あるんですけど、写真が飾られているギャラリーのようになっていました)、2階がグラタンを食べれるところって感じのようです。

並んでいる方もいらっしゃり、名前でも書くのかしら?と思って2階に行くも人が足りないので気遣いが足りかないかもしれんが、お待ちください的な張り紙。。。

勝手がわからないので、一階でお待ちのご夫婦に名前とか書くんですか〜?と伺う。w

いや、順番で待ってるんだよ〜とのこと。

八ヶ岳の麓、清里のグラタン専門店『アミ』の入り口入ってすぐ右

こちらは1階入り口入ってすぐ右。(最後尾ってやつですね)

八ヶ岳の麓、清里のグラタン専門店『アミ』の階段

こちらは階段。(ここにも座って待っている方がいらっしゃる。)

店内は開放的でお盆で暑い時期のはずだけど、さすが高原。涼しい。

なので、窓は全開。(ちゃんと網戸で仕切られているので虫は入ってこない。)

一階までお客さんが待っていたけれど(僕らの前には2組かな。。。)、比較的すぐに呼ばれました。

階段のところには八ヶ岳の不動産情報などがあって、なかなか見れない情報見れてちょっと面白かったです。

 

呼ばれて席につきまして、メニューを拝見♫

メニューはこんな感じでやんした。見たければ広げて見てください^^

八ヶ岳の麓、清里のグラタン専門店『アミ』のメニュー1 八ヶ岳の麓、清里のグラタン専門店『アミ』のメニュー2 八ヶ岳の麓、清里のグラタン専門店『アミ』のメニュー3 八ヶ岳の麓、清里のグラタン専門店『アミ』のメニュー4

 

甲州鷄のマカロニグラタンを妻が頼んで、私はエビドリアを頼みました♫

エビドリアとほうとうは少し量が多いって書いてあるんだもんw

ちないみに、この日はラストオーダーは19:47に聞かれました。19時半過ぎくらいなんですかね。

こちらがエビドリア↓↓

八ヶ岳の麓、清里のグラタン専門店『アミ』のエビドリア

 

で、こちらが甲州鷄のマカロニグラタン↓↓

 

八ヶ岳の麓、清里のグラタン専門店『アミ』の甲州鷄のマカロニグラタン

 

大きさそんなに変わらないんじゃない?と言いながら食べてましたが、丸みを帯びているのと、四角いので少しドリアの方が多いのかも?

メニューにもありましたが、量的にはすごく多いわけではありません。

昼間にソフトクリームとか結構食べ歩いていたのでそんなにお腹は減っていなかったのです。まさかの。w

 

ホワイトソースが印象的でしたね、こちらのお店は。

なんというか素朴な味わい。別に味が薄いとかいうわけではなく。

コクはあるけど、しつこくない、いい意味であっさりしている感じなのでパクパク食べれちゃう感じでした。

チキンは推していただけあって、ジューシーで味わい深かった。

 

年間を通して涼しい〜寒いだけあって、いい料理のセレクトをして専門店として出していると思います。涼しかったり、寒かったりすればこそ、ちょっと行ってみたいかも!と思えるわけで。沖縄でグラタン専門店と言われてもなんかピンとは来ないような気がしちゃいますね。笑

とにかく、また行きたいと思えるお店でした♫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>