【超オススメ】じょー的 十和田湖の紅葉観賞スポット

そろそろ紅葉の時期ですねぇ。

このページでは個人的にオススメの十和田湖の観賞スポットについて紹介しておこうと思います。

 

 

なんでいきなり十和田湖なのか?

腐るほどまでは紅葉を観賞してきたわけではありませんが、小生が見てきた紅葉の中でピカイチだったのはタイトルにもある十和田湖で見た紅葉だったのです。まぁ、ただそれだけなんです。笑

十和田湖には私の親戚が住んでいる関係で、毎年のように避暑として小生の親が連れて行ってくれていたものです。運転免許を取った後も、運転の練習には良さそうだろう、ということで練習していたりしました。笑
電車一本で行けるわけでもなく、車でのアクセスでしか行けないひじょーにめんどくさいところですが、観光名所ですよねぇ。紅葉の時期は奥入瀬渓流が観光の目玉になっていますが、その辺はちょっと外した感じて紹介しておこうと思います。ちなみに、3年前に紅葉シーズンに奥入瀬に行ってみましたが、奥入瀬渓流への入り口付近は駐車場で大混雑。当然、駐車場に向かうまでの道はたいそうな渋滞。奥入瀬渓流では中国人観光客の多いこと多いこと。ちょっとげんなりしましたw

とは言っても、私は自転車で走っていたのであまり関係なかったかなぁ。笑
紅葉シーズンの奥入瀬はどのみち人だらけなので、覚悟は必要です。

さて、気を取りなおして・・・

じょー的十和田湖のオススメの紅葉観賞スポット

十和田湖の紅葉スポット1 御鼻部山展望台近くの絶景スポット

場所が非常にピンポイントですが、十和田湖で見れる紅葉を見るならもうこれがno.1です!というくらい、個人的にはここが本当に最高です。

見ることができる風景はこんな感じです↓↓

十和田湖で見れる紅葉no.1

多少の画像効果はかけてあるものの、この日は天候に恵まれず曇りならまだいいものの、雨まで降りだす始末でしたので、お許しいただければと。笑

ちなみに、この日はそんな中チャリンコで十和田湖を半周くらいしている中で撮ったものだったりします。行けばわかりますが、こんなところチャリで回るとかアホやろ、と思われるようなところです。w

この場所の詳細はこちらになります。参考として滝ノ沢展望台と御鼻部山展望台を一緒に載せておきました。

 

かなり細かいスポットを地図上で表示させてありますので、地図を拡大して見ていただければと思います。滝ノ沢展望台から行かれる場合は、御鼻部山展望台まで行ってしまうと行き過ぎたということで。御鼻部山展望台から向かう場合はしばらく下りになりますので、ゆっくり行きながら見つけていただければと思います。

この地図だけでは少し頼りないので、googlemapのストリートビューも一緒に併せて参照いただければ安心かと思います。小さな駐車スペースを目印になります。御鼻部山展望台から向かう場合は正面右に現れるのでわかりやすいと思います。御鼻部山展望台から向かうと下り坂メインで、比較的すぐ着くのでゆっくりドライブするといいかと思います。滝ノ沢展望台側から向かう場合、御鼻部山展望台まで行ってしまうと行き過ぎたことになりますのでご注意を。

例の目印になる駐車スペースはこちら。いい感じで知らないおじさんが写り込んでいますね。笑
ちょっと左の方に画像を回転させてもらえると駐車場がちゃんと見えるので確認してみてくださいね♫

この地点から開けて見えている一帯は方角的には毛無山方面を望む樹海となっているようですね。十和田湖の紅葉と言いながら十和田湖ではない方面の紅葉を賞賛している感はありますが、十和田湖から見た紅葉なので、十和田湖の紅葉ということで。笑

ちなみに、このスポットでは地元の方々がわざわざ見に来ていたり、大きなカメラを抱えて写真を撮っている方がいらっしゃったりと、隠れた十和田湖の紅葉スポットですよ♫ 奥入瀬は奥入瀬でいいのですが、人も少ないマイナーなところなので、それもまた私は好きですね。

 

 

十和田湖の紅葉スポット2 御鼻部山展望台

御鼻部山は標高が1010mという十和田湖では一番高い場所にあたります。

御鼻部山展望台からの眺めは十和田湖では3本の指に入るとされていますが、その中の1本とされる発荷峠という場所から十和田湖を望む景色と比べると断然「いい」です。個人的にはそう思います。(ただ、発荷峠の展望台あたりから入る林道をひたすら進んだところにある地元の人しか行かないとされる展望台からの景色はめちゃくちゃ良かったですね。あまりに綺麗すぎて自殺しちゃう人がいっぱいというちょっと不気味なスポットです。熊も出るという話もあったのでご興味をお持ちになってしまった方はお気をつけを。)

話は戻して、時間帯により逆光気味になります。それはそれで御鼻部山展望台からの景色はなかなか幻想的だったりします。あと、標高が高いせいか、霧がかかりやすい傾向があるようですね。あと、湖畔あたりの気温と比べるとだいぶ気温が下がります。

十和田湖 御鼻部山展望台からの景色

そんな感じです。十和田湖に行かれた際には御鼻部山展望台もぜひ見ていただきたいです^^

十和田湖の紅葉スポット3 奥入瀬渓流

ここについてはこれといって申し上げるほどでもないでしょう。超有名ですもんね。

十和田湖 奥入瀬渓流

カレンダーなんかに出てそうな写真を意識して撮ってみたものです。紅葉時期の奥入瀬渓流沿いの道は閉鎖されているため、maxで全長14kmと言われる奥入瀬渓流を歩かないといけないので大変ですが、自転車で行った私はちょっとラクができたな、という感じがしています。お車で行かれる方は折りたたみ自転車なんて検討するのは十分にありかとは思います。見てみるとそんなベラボウには高くないんですね、最近は。。。

Amazon 折りたたみ自転車の検索一覧

楽天 折りたたみ自転車の検索一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>